研修部会主催 2012年度・語学研修講座開講式
3ヵ国語5クラス編成で
 KIFA研修部会主催の「2012年度・語学研修講座」は、
英語1クラス、中国語とハングル語は入門と初級の2クラスずつ計5クラスの編成になりました。
 合同開講式が(4月に始まっている日本語講座を除く)5月20日(日)、
総合福祉保健センターの大会議室において、
講座担当の3講師、5クラスの受講生78人が出席して行われました。
●第一回授業はオリエンテーション 
 藤井明恵研修部会長から、今年度の3人の講師が紹介されたあと、教室担当ボランティアの紹介、注意事項の伝達などで開講式は終了。
 さっそく講座別に3グループに分かれ、年間30回の講座のうち、第1回目の授業を兼ねたオリエンテーションが行われました。

*読書と映画鑑賞が趣味という英語のFrances Mejias (フランシス メヒアス)先生。
【英語】自己紹介や簡単なフレーズの会話練習、先生から受講生の聴解力を確認しながらの質問などがあり、また単語を使ったゲームで楽しみました。
*旅行が趣味の中国語の胡丁毅(フ ディンイ)先生。
【入門クラス・初級クラス】入門と初級の合同で自己紹介から始まりました。すでに中国語の下地がある初級クラス受講生は中国語での紹介です。
 合同授業の初回は入門者中心に、中国語の基本的な発音や母音、子音についての授業が中心に行われていました。
*勉強と日本のドラマを見るのが好きというハングル語の金英美(キム ヨンミ)先生
【入門クラス・初級クラス】好きな韓国ドラマや、気になるセリフのアンケートをとりました。次回からの授業に活かされるようです。
 先生からお得意の日本語で韓国の歴史や文化、観光スポット、食べ物などの紹介がありました。
●語学はあきらめないこと、初心忘れず