研修部会「にほんご講座」夏祭り特別教室 2012

研修部会にほんご講座の「夏祭り特別学習会」が7月11日の夜、
中央公民会で開かれました。
7時過ぎには、太鼓やちょうちん、かぶと、旗差し物など、
まつり道具が会場に整えられて、
試し打ちの太鼓の音も「ドドんがドン」と響きます。

7時30分、浴衣や甚平に着替えた外国人の友だちが登場です。
参加者は講座に通っている生徒さん、
以前に通って、にほんごを学んだお友だちです。

さらに今夜は、現在開講中の「日本語講師ボランティア養成講座」の
品川雅子先生をはじめ、
受講生の中から「にほんご講師ボランティア」を目指す4人の方々も
参加、着付けのお手伝いをしてくれました。
まずは、習ってきた日本語による1分間の自己紹介です。
出身国や趣味、好きな食べ物など、上手に話し、
全員頷いたり、囃したてたり賑やかです。
さあ、次は太鼓の出番です。
馬込沢町内会の名手・市村さんの指導で基本の撃ち方「ドドんがドン」
大太鼓、小太鼓、二人ペアで一回りしました。
みなリズム感よく、だれも「乱れ打ち」した人はいませんでした。
続いて盆踊りです。全員輪になって♪♪♪♪♪♪
♪♪♪「東京音頭」♪♪♪
ハァ 踊り踊るなら チョイト東京音頭 ヨイヨイ
花の都の 花の都の真中で サテヤットナ ソレ ヨイヨイヨイ
ヤットナ ソレ ヨイヨイヨイ〜〜

♪♪♪「炭坑節」♪♪♪
月が出た出た 月が出た(ヨイヨイ)
三池炭坑の 上に出たあまり煙突が 高いのでさぞやお月さん
 けむたかろ(サノヨイヨイ) 〜〜
全員が輪になって、いつまでも終わりません。
中心の太鼓打ちはオランダ生まれ、英米育ちのカイル・マレンさん、
アメリカ育ちのクリストファー・ミルズさんがつとめました。
みんないい汗かいたようです。9時すぎ全員集合、
太鼓の一本締めで記念撮影「はい、お疲れさーん」