日本の夏を楽しむ「にほんご特別学習」夏祭り2013
ドドンガ ドン ドドンガ ドン
♪♪♪ ハァ 踊り踊るなら チョイト東京音頭 ヨイヨイ ♪♪♪――
2013年度の「にほんご特別講座」夏祭りが7月10日、中央公民館学習室で開かれ、
外国人9カ国15人、日本語ボランティア12人、協力スタッフ5人、取材記者2人も加わり、
日本の夏の夜を楽しみました。
 日本語講座で学習中の外国人や指導しているボランティアさん、これまでの修了外国人や友だち、日本語指導者養成講座の品川孝子先生も来てくださいました。
  太鼓の指導は市内馬込沢自治会の有志の皆さんです。
  揃ったところで全員輪になって、日本語で母国のことや自己紹介をしたり、趣味を披露したりしあいました。
 みんな浴衣姿になって、太鼓の音と音頭に会わせ、盆踊りの輪になって、ハッピを着けた馬込沢自治会有志の皆さんによる「ばちさばき(撥捌き」のコツなど太鼓の練習や盆踊り、ゲームに興じたりと楽しい夕べを過ごしました。
 「地域新聞」から女性記者も取材に入り、夏祭りの様子は8月9日発行の同紙の1面にも掲載されました。
 日本語講座には、現在も8か国の外国人が通っていて、ボランティアはより良い指導ができるように、研修会を重ね研鑚しています。水曜日の夜、中央公民館にて教室を開いております。関心のある方はお立ち寄りください。また、日本語を学習したい外国人を是非ご紹介くださ。