素晴らしい先生と仲間に出会えました
2016年合同閉講式・成果発表会
学ぶ喜びと、楽しい時間がもてました――2016年度英語、中国語、ハングルの語学講座の合同閉講式と学習成果発表会が1月29日(日)鎌ケ谷市総合福祉保健センター6階大会議室で行われました。
   
左)中国語のリ・ケイ先生、右)英語のデレク・スミス先生。
ハングルのキム・スヨン先生はインフルエンザのため欠席でした。
 
秋山秀一会長から
 「海外へよく行きますが、私は英語が片言ぐらいで、皆さんが学習している中国語やハングルは全くできません。もっと多くの言葉ができればと常々思っています。
 皆様のように、こういう機会に一つでも多くの言葉を覚えれば世界がどんどん広がります。
 ここで学んで一番嬉しいのは、色々分かるようになった事でしょう。その次のステップではそれを何かに活かし、自分のした事で人から喜ばれるともっと楽しくなると思います。
 私は縁あって今年KIFAの会長となりましたが、事務局を始め事業部会の皆さん達は大変ですが、運営を本当によくやってくれているんですよ。
皆さんも外から応援するだけではなく、運営する側にも参加してください。
そうすればますます世界が広がり、多くの人に喜ばれるでしょう。一番の幸せは、何かやったことで喜んでもらうことだと思います。その意味ではこの講座が第一歩です。これからもますます語学をスキルアップして、頑張っていただければと思います。
先生方ご指導有難うございました。」

 合同閉校式には、英語、ハングル入門、初級、中国語初級の3講座、4クラスの受講生68人が出席し、それぞれの担当講師から祝辞と講評がありました。

 次に行われた皆勤賞の表彰では、のべ13名が受賞され、にこやかに記念写真に収まりました。 
 

(写真は皆勤賞の皆さん)
 中国語、ハングル、英語クラス、工夫を凝らして成果を発表
          
●中国語――初級クラス
李慧(リ・ケイ)先生
「受講して下さった皆様に感謝しています。言語を通して中国の文化を理解してくださる事が嬉しかったです。特にクラスの何人かが私の行った事のない中国の場所を旅行されたのは驚きでした。私も行ってみたいです。この授業は私にとっても成長になりました。」

受講生の声:
4000年もの歴史を持つ中国文化の奥深さを感じました。日本語の漢字とは異なる漢字の意味を見つけた時には悠久の言語・文字文化に裏打ちされた中国語独自の表現方法だと感心しました。
10数年ぶりに受講しました。久しぶりで緊張しましたが先生の分かりやすい指導と親切な仲間に恵まれ1年間継続することができました。毎回発音練習があり少しずつ慣れてきました。中国人の物の見方日本人との考え方の違いも感じました。

<成果発表会>
中国語クイズ・(歌)茉莉花
 
               
●ハングル――入門、初級2クラス
金 秀妍(キム スヨン)先生
「入門クラスは落ち着いた雰囲気で、ゆっくりそして丁寧にハングルの文字を学ぶことができました。みんなが声を出して読み、積極的に韓国語で質問したり、答えたりするなど、簡単な会話ができるようになりました。初級クラスでは教科書とレジュメを中心に授業を進めました。家族のような和気藹々とした雰囲気で楽しく韓国語を学習出来たと思います。」

受講生の声:
初めてハングル講座を受け、今まで記号としか目に映らなかったハングル文字が徐々に読めるようになり、また韓国ドラマで聞いた単語が聞き取れた時は嬉しくて小躍りしてしまいました。

<成果発表会>
 チュモックチュイゴ / 日本語と発音が似ている語 
          
●英語――これからも一緒に授業をしたい
デレク・スミス先生
「皆さんはこれからも英語の勉強を続けていくと思います。今年度は初級と中級の2クラスで、人数も多く緊張も多かったのですが今はハッピーと寂しい気持ちでいっぱいです。皆さんはとても思いやりがありましたので私も一緒にエンジョイし教える事を楽しめました。」

受講生の声:
英語クラス初級
回楽しくレッスンができました。
毎回席が変わる事で多くの人とペアが組めて楽しかったです。
「継続は力なり」で来年度も続けたいです。
英語クラス中級
生の温かい人柄で楽しく学習できました。
一人一人話す機会もあり満足しました。
だんだん聞き取れるようになりました。

<成果発表会>
(歌)  Que sera sera
(英語寸劇)  桃太郎
 
学び続けることが若さの秘訣です 
   それぞれのクラスが新工夫や新ネタで成果を披露しました。学び続けることが「アンチエイジング」につながります。
毎週、素敵な先生に会えた楽しみを忘れないでください。
 発表会を終えた後、クラスごとに記念写真を撮って、先生を中心に歓談の輪がいつまでも続いていました。