にほんご講座夏まつり特別授業2017


 日本語講座の特別学習会恒例の「にほんご夏まつり」が7月12日(水)18時から、鎌ケ谷市総合福祉保健センター6階にて開催されました。
 受講生、卒業生、サポートスタッフなどが、浴衣を着て初夏の夜を楽しみました。
 先ずは全員で会場設営から行いました。

 ヨーヨー作りも楽しみながら自主制作です。ビニール池に空気を入れ、水を張ってから大人も子供も水鉄砲に水を適宜入れながらゴム風船を膨らませました。ヨーヨーの突きやすい量と紐の長さの加減が難しいようです。 


 浴衣の着付けが終わったら、ゲストの“祭り太鼓”のかわいい名手ミサキさんの「さくら太鼓」の演奏を聞きました。中学生とは思えない見事なバチさばきに皆感心しきりでした。
 その後全員が日本語で名前、出身国、趣味等の自己紹介をし、ボランティアが用意した料理を堪能し、盆踊りをしたり、剣玉に興じたり、談話を楽しんだりしました。

 
 盆踊りでは、太鼓指導者の小金一幸さんの指導により、太鼓や鐘の叩き方を教わりしました。すぐにコツを覚え2曲も続けて叩いた受講生もいました。それぞれが楽しめて満足した様子でした。
 参加した外国人は、アメリカ、香港、ミャンマー、カナダ、ベトナム、イギリスの6カ国からでした。