2018年度「語学講座」が開講されました
2018年度は、3か国語、4クラスで開講式

2018年5月20日(日)鎌ケ谷市総合福祉センターに於いて英語2講座、中国語1講座、ハングル1講座の4講座合同開講式が開催されました。今年度は若い受講生からシニアや、受講ベテランも等しく楽しんで学べるKIFA設立当初から続けてきた英語・中国語と韓流ブームで火のついた韓国語の講座を行います。 
  
左から、ハングルの尹美善(ユンミソン)先生、中国語の劉興潔(リュウコウケツ)先生、英語のDerek Smith先生。右は、オリエンテーション会場風景。
      
【各講師の挨拶から】
*英語・デレック・スミス先生  
 「英語クラスへようこそ。英語上達の方法は「間違いを恐れない事」。例え間違えても私やクラスの仲間が間違いを直します。話すことを恐れず、試してください。学ぶ事を楽しんで下さい。」

*中国語・劉興潔(リュウコウケツ)先生
 「今年から皆さんとご一緒に中国語の勉強をさせていただくことになりました。今まで個人指導では教えたことがありますが、講座としては初めてになります。皆さんと楽しく中国語の学習ができるよう頑張りますので宜しくお願いします。」

*ハングル・尹美善(ユン・ミソン)先生
 「19年前主人の仕事の為日本へ来ました。語学を学んで2020年のオリンピックでボランティア
として活動されたら如何かと思います。今年度は「基礎から学ぶ韓国語」で初心者向けにはアルファベットから、慣れている人には副詞にもチャレンジしてもらってみんなで仲良く、楽しくやっていきたいと思います。」
 【オリエンテーション】
開講式に続き初回講座になる40分間のオリエンテーションが行われました。

【英語】

 
英語講座は2講座合同で行われ『自己紹介』の基本文型を学習してから、2人1組で前に行きお互いの自己紹介をしました。
【中国語】
 
 
各自の名前の中国語読みを学習し、自己紹介をしました。
【ハングル】

 
ハングルは学習経験のある受講生のクラスですから自己紹介の後、講師がホワイトボードに文字を書きながら間違えやすい文字や発音、意味の取り方等の説明をしていました。
 
受講生の皆さん、来春の皆勤賞目指して頑張りましょう。