英会話サロン

”外国人を交えて英語で会話を楽しみませんか!”
KIFAの初イベントが2006年2月26日(日)の午後、中央公民館4階で開催されました。
英語に自信のある人、海外暮らし経験者、
ちょっと心配でも自分の英語力を試してみたい人など…
30人の参加者のレベルもいろいろです。
3グループに分かれてパネリストを囲みEducathion・Food・Holidayなどの話題でフリートーク
熱気あふれる会場の様子をスナップ写真でご紹介します。

KIFA研修部長、波多野さんが英語の挨拶でスタート!
  Try to speak English ! と白墨で書かれたボード前で、「"英会話サロン"は初めての試みです。一方的に話す、聞くのではなく外国人と英語でコミュニケーションをとってもらう事が目的です。限られた時間ですが楽しく気軽に会話を体験してみてください・・・。そして日常の暮らしにも大いに活用して・・・」と開催挨拶・・・。
     ハンサムな3人のゲスト
     これから始まるスピーチを前にして
     やや緊張気味なパネリスト
     ・写真はスピーチ順に右から
    トーマスさん・ジェイムスさん・デリックさん
 (イギリス)    (イギリス)    (カナダ)
カナダ人のデリックさんは参加者の前で・・・
教育についてスピーチしています。
カナダでは公立学校・私立学校とHome Study
の3つのシステムがあること・・・。
Home Studyのできた背景には、インディアンが
教育現場で受けた、不当で悲しい歴史が・・・。
真剣に聞き入る参加者の皆さんの顔、顔、顔
 聞き逃すまいと必死ですが 
英語の聞取りレベルも様々です。
講師の自己紹介も終わって、いよいよ
これからが本番です。
ディスカッションの時間が押してきて…!
進行係りもハラハラ
これでは予定の会話が成立しないのでは・・・?
初めての試みは思わぬハプニングも
起きるものです。
ようやく
グループディスカッションの始まり!
ジェイムスさんも周囲の人を気遣いながら
スピーチ開始・・・、
最初は緊張気味の会話も次第に弾んできて時間が足りなくなってしまいそう・・・?
予定の時間は、あっという間に過ぎて・・・。

お茶とお菓子でリラックスな空気が広がり、トーマスさん、参加者とも笑顔で会話を楽しむ様子。
あるグループでは日本語の『猫の額』ことばの使い方を説明してゲストが納得の様子に・・・。
<参加者の反応は>
初めての『英会話サロン』の試みに、参加者の関心は強いものの改善点も・・・
・実際のコミュニケーション時間が足りない
・グループ人数は、もっと少なくして・・・
・英語のレベル差があり過ぎて・・・?
・聞こえにくいので隣のグループと離して・・・etc 
<主催者は>
関心の高さは嬉しいが課題も数多く指摘され、可能な要件から次回に生かしてゆきたいと思う。    多くの市民が外国人との会話体験を通じて国際交流活動に関心もってもらえれば嬉しい…。
※次回の開催を期待したいものです。