2009年度「英会話サロン」開く
「マンションのペット」◎賛成 or ×反対
活発な意見・討論が交わされて…
「英語大好き市民」が楽しみにしている、研修部会の市民参加イベント「英会話サロン」の
2009年度の第1回サロンが7月19日(日)、第2回サロンが9月13日(日)に
市総合福祉保健センター大会議室で開かれました。

 〈第1回サロン・7月19日〉
 外人ゲストスピーカー3人を囲んで、総参加者40人が英会
話で交流を楽しみました。いつものように各講師がテーマに
沿って5分間スピーチ。その後は3グループに分かれ、各35
分間の「英会話タイム」を楽しみました。
 
 お馴染みのゲスト・スピーカー、カナダ出身のDerek Smith
さん(右)は「ペット禁止に対する賛否」について、初めての
試みとして討論方式を採用しました。

 「あなたのマンションでペット禁止が打ち出された場合どう
しますか……」に賛成派、反対派に別れ意見が交わされま
した。比較的身近なテーマとあって、活発な会話が交わされていました。
 
     ガーナ出身のChrik.Ayesuさん(中央)のテーマは
    「平和とそのシンボルの意味」。
     
     ゲストの母国の長いつらい歴史に思いをはせ、大
    いに考えさせられるテーマでしたが、平和ボケの私
    たちには日ごろ、あまり身近に感じないせいか、
    会話が止まりがちのようでした。

     ニュージーランドから来ているSinapi Taeaoさん
    (左)のテーマは先頃急死した「マイケルジャクソン
    賛辞」ゲストがマイケルのWalkを実演したり、本人の
    一生は果たして幸せだったかなど、タイムリーな
    話題とあってジェスチャーを交えて盛り上がってい
    ました。
   〈第2回サロン9月13日〉
     今年度2回目の「英会話サロン」も9月13日(日)か
    ら同センターで開かれました。
   
     3人のゲストは、カナダ出身でおなじみのDerek
    Smithさん、初参加のドイツ出身Jan-Dirk
    Winkelhausさん、
    それにKIFA交流部会員でJemma Oyamadaさんの
    皆さんでした。
     
     グループに分かれて楽しく英会話をの時間を過ご
    しました。
このページ
の初めへ
トップ
ページへ