第1回 英会話サロン

 

       部屋に一歩入るとそこは英語の世界

   3名の英語圏のゲストを招きゲストそれぞれのテーマによる5分間の基調スピーチを聞いた
  後3テーブルの参加者の所へゲストが順番に訪れお茶を飲みながら英語で楽しくお話をする
  会です。
   第1回目は7月12日(日)鎌ケ谷市総合健康福祉センター6階の大会議室で行われました。
  参加者は外国人4名を含み36名。ゲストスピーカーはアメリカ人のAdam DornakさんとEllie
   Michalikさんニュージーランド人のTroy Williams さんです。
 
 
    
      

 
 
 Adamさんのテーマは『アメリカと日本における夏の過ごし方の違い』出身地のテキサスの夏は40℃以上で普通なので学校は6月から3か月間夏休みになります。
 エアコンはコストが掛るのでエアコンの効いている映画館で過ごしたり野外でバーベキューをしたりします。親の仕事がある間はサマーキャンプなどに参加したりして過ごします。
 日本の学校の夏休みとは随分違うと思います。
 アメリカでは独立記念日、勤労感謝の日、クリスマスの休暇をとても大切にしています。

  
 

 Troyさんのテーマは『違う国での生活』国籍はニュージーランドですがオーストラリアで9年過ごしました。昨年から奥様の国日本で暮らしています。
 アメリカに訪れた事が無かったのでAdamさんの話はとても興味深かったとの事。
 ニュージーランドはビーチに5分で行け、馬で学校へ行ったことがあり好きなラグビーが強いなど良い所も沢山ありますが経済が弱いのでオーストラリアへ行きました。
 しかし毒を持っている怖い生き物がいたり自分(190cm)より大きいカンガルーに襲われそうになったりしました。日本へ来たら伝統文化も有り一番良い国だと思いました。
   
 
 
 Ellieさんのテーマは『水は極めて重要な要素』いつも大きな水筒を持ち歩いています。あらゆる飲食物には水分が含まれていますがアルコールやコーヒーなど体の水分を奪ってしまうものもあります。体の組成や運動機能を適正に保つためにも1日2?の純粋な水を飲むべきだと思います。日本の水は安全でおいしいですから。
テーブルディスカッションではどのテーブルでも全員漏れなく会話して和やかな様子でした。


  
     





    





                                                                                            パターン素材 Freepik