外国文化に親しむサロン「私のお国自慢」
 1月20日(日)まなびぃプラザに於いて『外国文化に親しむサロン』-私のお国自慢-が開催されました。5名のゲストスピーカーを迎えて23名。ゲストの流暢な日本語のスピーチの後、お茶を飲みながらゲストと懇親・懇話会を行いました。懇話会では参加者全員から様々な質問があり楽しく和やかな会でした。

【スペイン・クリスティ-ロペスさん
 スペインでは、サンチャゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の巡礼ボランティアをしました。ピレネー山脈からサンチャゴまでの800kmを車で送るのです。歩くと1ヶ月かかりますが、車で10日間です。宗教に関係なく世界遺産になっているこの巡礼路を訪れる人は多いです。皆さんも是非訪れて見てください。

【インド・カウストー・デシュパルデさん】
 インドの小学校では算盤のような道具を使って算数を勉強しています。ITのスキルがあると海外でも働けるというモチベーションで、建築や車等他のエンニジアリングの人もプログラミングを勉強する人が増えています。昔は学校がなく家の仕事を継ぐ他なくカースト制もありましたが、今は誰でも学校へ行けるようになり、良い地位につける人が増えてきました。
【韓国・朴セロンさん】
 韓国には誇るべきものが多いですが、私は1443年ハングル文字を作った朝鮮の世宗(セジョン)大王が一番の誇りです。ハングル文字は独自に作られたもので、発音器官と天地人でできています。一つの文字は14の子音10の母音の組み合わせで作られているので、読む時に紛らわしい事はありません。世界で最も単純で素晴らしい神様が人間に送ってくれた文字です。ハングルの優秀性は認められています。
【パキスタン・バティ・パヒュームさん】
 20年前に来日しました。今では日本の方が暮らし易いです。
 パキスタンはイラン、アフガニスタン、インド、中国に囲まれています。K2と言う世界で2番目に高い山があり、3,4,5,番目に高い山もあります。
K2などには日本から観光客やスキー客が訪れます。70年前にイギリスから独立しましたが、まだインフラ整備は十分ではありません。食べ物は日本人に合いますし季節も日本とあまり変わりませんが、暑い時は50°Cにもなります。しかし日陰は涼しいです。

【中国・朴雪花さん】
 皆さんご存知のように中国には現在53の世界遺産があり、交通も発達し、食べ物も種類が多く美味しいと世界の人々が訪れます。国民の語学レベルも高いです。
 また他の国では殆ど無いと思いますが、56の多民族が暮らす中国では配達専門の業者がいて、言葉の通じない人、妊婦や子供が小さくて外出できない人、動けない人のために、働いています。
 その配達業者は料理店だけではなくテイクアウト専門の小さな店からでも直ぐに料理を入手し、宅配してくれるので助かります。

  ゲストのスピーチの後、お茶を飲みながらゲストと懇話会を行いました。次々と飛び出す参加者の質問に対し、ゲストが当意即妙の答えをし、驚いたり、感心したり、笑ったりしてあっという間に2時間が過ぎました。