2015年度「世界を知る会」
~華麗な京劇の世界へのお誘い~

 
  1月10日(日)2015年度「世界を知る会」がきらり鎌ケ谷市民会館(きらりホール)で開催されました。
 今年度は、日本を始め世界で演技活動をしている京劇俳優の劉妍さんによる「覇王別姫」から「虞美人」の一節と京劇観賞のための解説。汪成さんによる二胡演奏、于静さんによる雑技の披露。劉東風さん、劉妍さんによる「双人変面」が演じられ、530席を埋めつくした満席の観客から大喝采のうちに終了しました。

 


 
 最初は于静さんによる「雑技」です。
しなやかな体を使った素晴らしい演技でした。





 



 続いていよいよ劉妍さんによる「覇王別姫」から「虞美人」の一節の演技です。大群の敵に囲まれ絶体絶命の覇王項羽の足手まといにならないよう、自ら命を絶つ場面を見事に演じ切りました。



 
 
 劉妍さん、劉東風さんによる京劇鑑賞のための解説がありました。
京劇俳優は11~12才から京劇の学校に入り(14才では体が固くなってだめだそうです)、先生が決めた役柄は一生変わらないとのこと。
役柄には、生、旦、浄、丑などがあります。
 また、京劇には舞台装置がなく、観客は想像力を働かせなければいけないそうです。
 「覇王別姫」は古い劇ですが、新編歴史劇も人気があるとのことで、楊貴妃の歌の披露もありました。 
 


 
 再び于静さんによる「雑技」です。
ガラス瓶を3本立てた上に花瓶をのせ、さらにフラフープまで回しながらの演技などを披露しました。
 
 

 
 続いて汪成さんによる二胡演奏です。
汪成さんはめずらしく立って演奏されます。日中の懸け橋になりたいと願いながら演奏しているとのことで、両国の代表的な曲を情緒豊かに演奏しました。

 


 
 最後はいよいよ劉東風さん、劉妍さんによる「双人変面」です。
変面は中国伝統芸術の中でも国家秘技だそうですが、お二人は次から次へ合計38回も瞬時に面を変え、観客からは「おーっ!」とどよめきの声が聞こえました。




 客席まで下りて、観客の目の前で変面しても、どうして瞬時に面が変えられるのか、全くわかりませんでした。

 最後に一瞬でお二人の素顔に戻り、観客の大喝采を浴びていました。





 

 約1時間半の公演でしたが、休みなく繰り出される妙技、秘技に見とれているうちに、あっという間に終演になってしまいました。
 最後に、観客の皆様からいただいたアンケートの一部をご紹介します。
 ・感激しました。素晴らしかったです。
 ・今回のような珍しい品目を楽しみにしています。二胡の曲も大変良かった。
 ・とても良かったです。又お会いしたいですね。二胡の音は感動しました。
 ・曲芸、本当にお皿まわしているかしら?と思いました。くっついていたのかな?
   京劇の説明とても興味深くておもしろかったです。特にパントマイム。
 ・今後も京劇を!!
 ・本当に素晴らしい公演を有難うございました。¥1000では申訳ないです。
  ・尖閣問題とかいろいろある中、このように文化面で草の根交流するのは素晴らしいと思います。
 ・皆さんの演技にとても感動しました。ただ一つ残念なのは二胡のバック音楽が大きすぎたのがとても残念でした。
 ・席は指定席にしてほしい。
 ・感激しました。元気出ました。