2016年度世界を知る会
〜旅の達人が語る〜とっておきのキプロスの魅力 
  
 10月2日(日)東部学習センター レインボーホールにて、「2016年度世界を知る」が開催されました。
今回は〜旅の達人が語る〜とっておきのキプロスの魅力と題し、旅行作家・秋山秀一氏を講師にお迎えし、地中海の文明の十字路「キプロス」の魅力をたっぷりと紹介していただきました。
 

キプロスは地中海の東端に位置し、四国の半分ほどの面積で、人口も85万人ほどの小さな島ですが、東西文明の十字路として栄え、三つの文化遺産あるそうです。そんなキプロスの魅力を、映像を中心にお話ししていただきました。
 


        
            
           講師;秋山秀一氏                         会場風景

           
       
講師プロフィール
  
元東京成徳大学教授
  日本エッセイストクラブ会員
  日本旅行作家協会評議員
  『鎌ケ谷 まち歩きの楽しみ』『大人のまち歩き』
  『ニュージーランド〜羊の国に同居する人々』
  『世界 この魅力ある街・人・自然』など著書多数

                                          
 
 
         

 リマソールのワインフェスティバル。キプロスはワイン発祥の地と言われ、人々はワインフェスティバルで大いに盛り上がります。

 
    
         

 
レフカラ村で作られるレフカラレースは、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。レフカラ村は、ヨーロッパ美しい村30選に選ばれました。村の通りでもレースが売られています。

   
 
          

 
アフロディーテ(英語ではビーナス。)が海の泡から生まれて降り立ったといわれるキプロス島のペトラ・トゥ・ロミウの美しい海岸とアフロディーテ神殿跡
 
  
          

              世界文化遺産の一つパフォスの「王族の墓」地下墓地群

 
     

           
                              
           ビザンチン時代の城跡「サランタ・コロネス」教会跡
 
    

       
                            
         
世界遺産カコペトリア村の聖ニコラオス教会と魅力ある路地。
         右端はカロバナオティス村の古民家を改修した宿。

 
    
          

                           トロードスのキッコー修道院
 
   
             
             
  1万年前の石器時代の
ヒロキティアの復元家屋とクリオンの守護神「アポロ」の神殿
 
 
       

       
       
  第2部は、秋山秀一氏の進行によるトークショーです。
秋山ツアーでキプロスを旅した3人のゲスト、キプロス・インフォメーションサービスの志村暁子さん、キプロスワインの輸入元神山春雄さんに参加していただき、キプロスの自然や歴史、キプロスワインの魅力を語っていただきました。