KIFA Party 2005 開催
              
                                                    
鎌ケ谷市国際交流協会

12カ国・200人超す参加者 和やかに「交流の輪」広がる

 鎌ケ谷市国際交流協会(KIFA)の最大行事「KIFA Party 2005」が11月23日(水・勤労感謝の日)、市総合福祉保健センター6F大会議室で開かれた。
 始めに岡本靖子会長のKIFAのボランティア運営・活動の紹介を兼ねたあいさつがあり、続いて清水聖士市長から各国のクリスマスや冬の情景などの体験談を混じえた祝辞があった。また来賓として隣接の柏市、我孫子市の国際交流協会の代表者が紹介された。ついで会場にブースを設置したニュージランド、韓国、ドイツ、子ども英会話、日本語講座の担当者、お茶席を開いた茶道協会がそれぞれ紹介され、ブース、お茶席への勧誘スピーチの後、田澤進二郎・前KIFA会長が乾杯の音頭をとり、全員「カンパーイ」。小栗淑子さんの総合司会でパーティが始まった。



盛りだくさんの お料理 艶やかな和服の女性たち それぞれに自己紹介


  たくさんの飲み物とお料理が用意された8カ所のテーブルでは、大人も子どもも、外国のお友だちも含めた参加者たちが、自己紹介をし合いながら歓談の輪が広がる。しばらく歓談の後、ハーモニカで平成7年日本レコード大賞企画賞受賞、世界一のハーモニカ奏者・藪谷幸男さん、ベースの池上里奈さん、ピアノ・石関博康さんによる演奏が舞台で披露された。

ベースの池上里奈さん    ハーモニカの藪谷幸男さん  ピアノの石関博康さん
 会場脇のホールでは、鎌ケ谷市茶道協会(会長・松上宗良さん)による裏千家流で立礼席のお茶席が設けられた。和服姿の茶道協会のみなさんが、お菓子とお抹茶を運びながら、外国人や日本のおじさんたちの不慣れな所作に親切に指導を繰り返している。当初予定の50人分の倍以上の100人を越す人たちが日本伝統の味を試みたという。
  お茶席を設けた茶道協会では「発足したばかりで、国際交流協会の事業に協力できて喜んでいます。お抹茶を頂いたことのない外国人も日本人も皆さん、おいしい、甘いといってくれたので、点て方、お湯加減がちょうど良かったからではないかと、一同ホッとしました。今後も折りあれば協力したい」というコメントを寄せてくれた。


                  



  舞台では、これも日本伝統の和服の着付けショウが華麗に展開された。3人の若い外国人女性がモデルが舞台にならび、芸文協(代表・品田久子さん)の皆さんによる手練の技で、10メートルの金糸の帯が数分でモデルさんの背に蝶のように纏められた。会場からはタメ息がもれる。食い入るように見入る外国人女性らの姿もあちこちに.................。



  舞台ではさらに、コロンビア出身の陽気なパトリシア、ラウラさんによる華麗なダンス、スウェーン出身のエーミル&あけみさんたちの激しいサルサが踊られた。会場から飛び入りでサルサを楽しむ人、舞台の下ではコロンビアダンスの大勢の輪ができた。

南米の民族舞踊 情熱的なサルサダンス スマイリーキッズコーナーで子供達と スマイリーキッズの親子たち スマイリーキッズとアネッテさん
軽やかなダンスをご披露 クリックで拡大します スマイリーキッズの子どもたちも忙しい

 その間、各ブースでは各国の民族衣装などの展示、言葉遊び、子供のスタンプラリーなど盛りだくさんに繰り広げられた。ニュージーランド・ブースは今夏のワカタネスティ経験者らによる集い。隣のキッズコーナーのフェイスペンティングで、子どもらと一緒に盛り上がっている。ドイツブースでは、手作りのお菓子が販売され収益金がユニセフに寄付された。韓国ブースはクイズに当たると「おこげでできたアメ」が貰えるとあって、人だかり絶えない。日本語コーナーでは、子どもらは易しい漢字読み、大人は言葉遣いクイズに首をひねる姿も。KIFA・広報コーナーでは一年間の活動パネルを展示、PRにつとめた。


  各テーブルでもさまざまな談笑の花が咲いた。なかには習ったばかりの言葉で外国人と会話を試みたり、流暢なスペイン語で話している人もいる。
  このパーティーが楽しみで、市川から毎年来ているという女性2人は、"お料理が美味しくて、お腹も一杯で大満足。特にこのお煮しめはいいお味だ。来年もまた来ますと、うれしい話も聞かれた。
  ニュージーランドの女性は "This mushroom is so good!" と言いながら椎茸の煮しめを食べていた。食事に関しては、皆さん満足されたようだ。




 パーティは最後まで終始にぎやかに、飲み物、食べ物も行き届き、参加者たちには十分に楽しんでいただいた。締めくくりに、エーデルワイスなどみんなが知っているうたを合唱して閉会となった。