鎌ケ谷四中の授業に外国人10人をKIFA から派遣して
「日本の遊び、世界の遊び」で国際交流!

 1月30日(火)午後1時30分から鎌ケ谷4中で2年生男女119人の生徒が5・6時間目の授業を「国際交流授業」を行った。中学生が企画、創作、発表、運営する授業に協力要請された鎌ケ谷市国際交流協会(KIFA)は外国人講師10人とボランティア・スタッフ5人を派遣した。
 全員体育館に集まり、女子生徒2名の英語の司会で授業がスタート、3部構成の初めはビデオ上映からはじまった。
第1部は『日本のお正月』。鏡餅、おせち料理、お屠蘇、初詣のお正月風景。第2部は『日本の中学生生活』。各クラス競作のビデオ・レター形式で@和食、和菓子の紹介、A給食の紹介、Bクラブ活動、C体育祭の紹介。10人の外国人講師も最初は不思議そうな顔、内容を理解して笑顔に・・・。第3部は『縁日タイム』 輪投げ、射的、駄菓子屋・・・。 外国人との交流スナップ写真をご紹介します。
外国人10人(ペルー・中国・台湾・シンガポール・オランダ・ドイツ)が平田真裕美副会長(司会、通訳)に紹介され、それぞれの国を紹介、お国自慢を披露しながら・・・ 生徒は体育館の床に座り静かに耳を傾けていた。
ワタシタチノクニへ、アソビニキテクダサイ! 日本の縁日でヨーヨー釣り・・・
夜店の射的を真似て割り箸と輪ゴムで・・・ パターゴルフの練習で賞品も?
風船はいくつでもどうぞ・・・ 輪ゴムで作ったピストル、使い方の説明に大汗かいて・・・
駄菓子屋の店先で、お子様のお土産選び・・・ 輪投げやピストル、子供の頃を思い出して・・・
お茶の作法はともかく、先ず体験から・・・ 野球部員にダンスの指導、派手なアクションに照れる生徒たち