2014 KIFAパーティを開催

屋台とアトラクションで国際交流を楽しむ
  多文化共生へのきずな、世界の屋台で食文化交流――鎌ケ谷市国際交流協会は、年間最大の恒例イベント「2014 KIFAパーティ」を11月30日(日)、市総合福祉センター大会議室(6階)で開催しました。
 今年は<世界の屋台で国際交流>をメーンテーマに、舞台アトラクションと共に来場した皆さんに楽しんでいただきました。そのお国の食を知ることで、市の推進する在住外国人と市民との多文化共生へのきっかけ作りにもなるものです。
 パーティのオープンは1時半です。万国旗の下、200人を超す来場者で会場は華やかに彩られました。
 信夫稔会長の「いろいろ趣向をこらしております。短い時間ですが楽しんでいただいきたい」と開会あいさつ。
 
 ★食文化は国際交流
 来賓を代表して清水聖士市長から「先日、ニュージーランドの姉妹都市ワカタネ市から市長一行20数名が来られ、その際にもKIFAの方々にご協力をいただきました」とKIFA活動に謝意を表したあと、「今日はいろいろな国の料理が用意されていますので、私もお腹を空かせてきました。食は文化でもあり、いろいろなお国の料理をいただくことで、素晴らしい国際交流になると思います。」とKIFAパーティを楽しみにしているとの祝辞をいただきました。

 ★異文化を繋ぐ架け橋に
 芝田裕美市議会議長からは「多文化共生センターのオープニングセレモニーや総合防災訓練における<通訳ブース>の開設、ワカタネ市民団来鎌の折のセレモニーへの協力など、国際交流の実績を着実に積み重ねてこられました。異文化を繋ぐ懸け橋となって頑張っていただきたい」と力強いエールを受けました。
 この他来賓として、川西八郎市教育長、柏市国際交流協会中山陸朗会長、多文化共生推進連絡協議会大田尻会長、ハングル講師の金秀妍、中国語講師の胡丁毅さんにご出席いただきました。 
*交流タイム、屋台ブースに人の波
 会場には市民、子ども英会話教室「スマイリーキッズ」の生徒たちと保護者、友人の外国人たち、英語、ハングル、中国語の語学教室の講師ら200人を超す参加者で一杯です。今回のテーマ「世界の屋台」には中国、韓国、インド、香港、カナダ、キッズゲームコーナーが出店しています。
 司会者から屋台ブースの紹介があり、お目当ての屋台の前にはすでに、大勢の方々が並んでいます。
   キッズ*楽しいゲームコーナー
   カレーが人気のインド屋台
 水餃子、麻花、茶蛋がメニューの中国屋台
    香港屋台はお粥が超人気でした    ミニ海苔巻きメニューの韓国屋台    カナダコーナーは観光案内です
*会場を魅了した舞台アトラクション・パフォーマンス
 舞台でのアトラクション、パフォーマンスも華やかに演じられました。会場からもあたたかい拍手が送られ、パーティは盛り上がりました。
 最後に、市内各企業から提供された商品の大抽選会で盛り上がっていました。
 パーティに参加してくれた皆さんは合計204人でした。うち外国人のお客さん(屋台、舞台出演を含む)中国13名、ペルー12名、韓国5名、スリランカ3名、アメリカ1名、フィリピン1名、ドイツ1名、ニュージーランド1名、合計37
名でした。パーティにお集まりいただいた皆さんありがとうございました。
  キッズたちは英語の歌♪♪A・B・C♪   日本手話ダンスクラブの「わたぼうし」    三門博子さんによる南京玉すだれ
 アコ―スティック研究会フォークソング   ホセ、アナ夫妻によるペルーダンス    会場を魅了したペルーダンス
 



 最後は協賛企業様ご寄付による大抽選会で盛り上がり、
 2014年度KIFAパーティは大成功の裡に終了しました。

 皆様本当にありがとうございました。