2016 KIFAパーティ
世界の屋台で国際交流

――多文化共生へのきずな、世界の屋台で食文化交流――
 
 鎌ケ谷市国際交流協会は、年間最大の恒例イベント「2015KIFAパーティ」を11月29日(日)、市総合福祉センター大会議室(6階)で開催しました。
 今年は<世界の屋台で国際交流>をメインテーマに、舞台アトラクションと共に来場した皆さんに楽しんでいただきました。 
 当日は某テレビ局の取材があり、翌日のニュースで紹介されました。
         

   

 パーティは一時に開始され、万国旗の下、200人近い来場者で会場は華やかに彩られました。進行役は高校生の山脇さきさんが日本語で、KIFA子ども英会話教室講師のハーヴィーさんが英語で行いました。
 後関俊一副会長から、清水聖士市長、原八郎鎌ケ谷市議会議長をはじめたくさんの皆様のご参加に対する感謝とともに「いろいろ趣向をこらしております。短い時間ですが楽しんでいただいきたい」と開会あいさつ。
 

★鎌ケ谷市の国際化の礎を築いたKIFAの皆様に感謝
 最初に清水聖士市長から祝辞をいただきました。
KIFAパーティが盛大に開催され、おめでとうございます。万国旗もにぎにぎしく、楽しい雰囲気だと思います。
 KIFAは様々な活動をされており、子供英会話スマイリーキッズ、外国人の子供のための日本語講師派遣、外国語講座などの活動に感謝しております。
 皆さんが国際情勢で一番気になっていることは何でしょう?やはりトランプさんのことですよね。トランプさんは私の大学の先輩ですが、今後日米関係がどうなるのか心配です。
 鎌ケ谷市民で国際情勢とかに興味を持たない人は多いですが、KIFAの人は関心をお持ちと思います。今日は国際的な会話が交わされると思いますが、素晴らしいパーティになることをお祈りします。 
 

★KIFAの活動はますます重要に
 原八郎市議会議長から「グローバル化が経済社会に影響を与えており、多文化共生社会が進んでいます。 KIFAの活躍がますます重要になると思います。
 鎌ケ谷は成田空港と都心の中間地として、国際交流の拠点として発展していくと思います。2020東京オリンピックもあり、国際化がますます進むことと思いますので、KIFAの皆さんが国際交流のために活躍され、会場の皆様が健やかに幸せな人生を歩まれるよう、祈念します。」
 

    
  後関副会長、司会の山脇さんとハーヴィーさん       「スマイリーキッズ」英語の歌  
 
*交流タイム、屋台ブースに人の波
 
 交流タイムに先立ちKIFA子ども英会話「スマイリーキッズ」で学ぶ子どもたちと講師による「ABCソング」「Head, shoulders, knees and toes」が披露され、大きな声でほほえましく、学習の成果を見せていました。

      大盛況の会場風景           韓国ブース            香港、ミャンマーブース

   
    中国ブース           インドブース            キッズブース

*会場を魅了した舞台アトラクション・パフォーマンス
 会場は中国、韓国、インド、香港、ミャンマーの外国料理ブースや、クッキーアイシングと英語コンピュータゲームが楽しめるキッズブースの前には順番待ちの列ができています。外国料理を堪能したり、そこここに交流の輪が広がり、会話を楽しむ光景が見られました。
 舞台で『祭り太鼓』が始まると鎌ケ谷市のゆるキャラ「かまたん」も登場し参加者と一緒に盆踊りが始まりました。TKキングによる『テコンドーの演舞』では「板割り」が披露されました。鎌ケ谷西高校の『吹奏楽部演奏』では子どもたちにもお馴染みの曲目「ディズニーメドレー」と「小さな世界」が演奏され、最前列で座り込んで聞いていた子どもたちも大喜びでした。
 舞台のトリはプロダンサー須原夫妻率いるペルーのダンスチームです。子どもも加えた男女8人で繰り広げる華麗な愛のダンスには、参加者の皆さん誰もが見とれていました。
 アメリカ、中国、ペルー、韓国、フィリピン、香港、ミャンマー、ルーマニアなど30人余の外国人をはじめ、総勢230人が参加し交流を深めました。

         
    皆川駿太さんのギター演奏            Tim Bowerさんとカナさんのサックスとピアノ

         
    鎌ケ谷西高校吹奏楽部の演奏           華麗なペルーダンス