2018 KIFAパーティ

――多文化共生へのきずな、世界の屋台で国際交流――
 
 11月18日(日)鎌ヶ谷市総合健康福祉センターで14ヶ国230名が参加し、KIFAパーティーが開催されました。進行はイギリス人ドクターKairiさんの英語と韓国人ナースのセロンさんの日本語の案内により行われました。 
     進行役のカイリさんとセロンさん          来賓の勝又議長と秋山会長 
   

大盛況の会場風景
 ★内容豊富なアトラクションと屋台料理で異文化交流をー秋山秀一会長
 昨年は設立30周年記念ということでたくさんの皆様にご参加いただき、大いに盛り上がり、長年KIFAの活動を支えてくださった方々に感謝状を贈呈させていただきました。また、交流都市NZワカタネ市に青年親善大使を派遣することもできました。
 今年もたくさんの皆様にご参加いただき、万国旗や民族衣装を拝見するとウキウキします。
 プログラムの内容も豊富で、いろいろな国の方々と交流して大いに楽しんでいただきたいと思います。


 
★KIFAのますますの活躍に期待ー勝又勝市議会議長
 KIFAパーティの開催おめでとうございます。本日はお招きいただき、ありがとうございました。
 先ほどたまたま5階でフィリピンの方にお会いしましたが、素敵な衣装を着ておられました。アトラクションにご出演していただけるのだろうと思いますが、大変楽しみです。いろいろなフードコーナーもあるようですので、大いに楽しませていただきたいと思います。
 鎌ケ谷市は都心と成田の中間に位置しており、これからますます国際化が重要になってきます。KIFAの皆様のご活躍とご発展を祈念いたします。
 
*交流タイム、屋台ブースに人の波
 
 会場には中国、韓国、インド、香港の料理ブース、学校給食で人気のレモンタルトブースとキッズのためのクッキーアイシング、コンピューターゲーム、竹トンボなどのブース設置されていました。交流タイムはどこも長蛇の列ができていました。
 そこここで国際交流の輪が生まれ、数ヶ国の方達との会話を楽しんだ方もいました。 

 

 交流タイムの先陣を切るのは、KIFA子ども英会話教室「スマイリーキッズ」の生徒たちによる「ABC song」 と「Love Me Do
 
  
インドブース                 香港ブース   韓国ブース                中国ブース
  
キッズコーナー               パソコンコーナー

  青年会議所(JC)さんが竹トンボ作り体験コーナーを出展し、子供たちが挑戦していました。 

*会場を魅了した舞台アトラクション・パフォーマンス
  舞台ではKIFA小学生英語講座スマイリーキッズのパフォーマンス、市立第五中学校吹奏楽部の演奏、インド舞踊、フィリピン舞踊とバンブーダンス、ニュージーランド人サックス奏者による演奏など行われました。
 パーティーの最後を彩ったのはペルーのペーニャさんの指導で「みんなで踊ろうラテンダンス」でした。参加者それぞれが自分の場所でリズムに合わせステップを踏んで楽しみました。

  
五中吹奏楽部の演奏。かまたんも応援します。 ティムとカンナのサックスとピアノのデュオ
  
ディプティさんのインド舞踊           柏市国際交流協会フィリピングループ
  
おおとりはぺニアさんご夫妻によるペルーダンス   後関副会長による閉会のご挨拶