えいごに親しみながらみんなでハロウィンを楽しもう

 

  好天に恵まれた2015年10月24日(土)、鎌ケ谷ふるさとづくり推進協議会(以下、協議会)の協
 力を得て、東武鎌ケ谷駅前ロータリー デッキスペースとKAOの会事務所の一部スペースをお借り
 して、「えいごに親しみながら みんなでハロウィンを楽しもう」が開催されました。大勢の子ど
 も達が集まり、魔女、バンパイア―、ネコなどにふんした可愛らしい子ども達が、フェイスペイ
 ント、柿のJack-o'-Lantern作り、英語、中国語、ハングルを使った多言語ゲームを楽しみまし
 た。今年度は協議会に加え、若いアーテイスト ギタリストの皆川駿太さん、ダンサーの恵斗さん
 にもご協力頂き、賑やかなハロウィンイベントとなりました。

 
 

 集まってきた子ども達を受付でおばあちゃま魔女がお出迎え!テントの横では、ギタリスト皆川駿太さんによる演奏が行われ、会場を盛り上げてくれました。駿太さんアレンジ魔女の宅急便「Kiki's Delivery Service 海の見える街」の心地よい奏でに、スタッフは思わず聞き入ってしまい、手を止めたくなってしまうほどです。駿太さんの横では、ダンサーの恵斗さんがダンスを披露してくれました。アメリカ、中国、ミャンマーの外国人協力者に加え、中国人、フィリピン人家族も参加し、イベントを通じて国際色豊かな交流の場となりました。
 

 
   
  
   
  
風船やLantern(提灯)、ガーランドで飾り付けされたテントでは、子ども英語講座受講生のマ
 マさんがハロウィンスペシャルペインター。子ども達にフェイスペイントを施します。順番を待つ
 子ども達を、時折、ガイコツが驚かせます。突然のガイコツの出現に驚いたり、はしゃいだり、ち
 ょっぴり怖がったり。フェイスペイントの後は、寄付して頂いた大ぶりの柿を使ってJack-o'
 Lantern作りに挑戦です。大きな三角の目や思い思いの鼻と口もつけてJack-o' Lanternの出来上
 がり!「できた~!」と大喜び。


 

   テントでのアクティビティを終えたら多言語ゲーム
 に挑戦です。マリオ、怪獣、ガイコツなどに扮した外
 国人協力者(アメリカ・中国・ミャンマー)とスタッ
 フがオレンジのバケツに準備された英語、中国語、ハ
 ングルのカードを持ってスタンバイ。子ども達はそれ
 ぞれの言語カードを引き、カードに書かれた言葉は何
 かを当てます。シンバル(ハングル)面包超人(中国
 語)など、絵カードを見て言葉の意味を想像したり、
 発音やヒントを教えてもらいながらゲームを楽しみま
 した。最後に「Trick or treat!」でハロウィンステ
 ッカーとお菓子をもらって大喜びでした。   
              「Happy Halloween!」また来年も遊びに来てね!

 

 今年も昨年に引き続き、協議会の祖父母世代の方々、パパママ世代、若者が子ども達のイベントに協力し、盛り上げて下さいました。ちまたで話題の「三世代」ですが、まさに子ども達のためにと「シニア、パパ・ママ、若者」3世代の知恵とエネルギーが集結したイベントになりました。長い経験で蓄積された知恵と人脈でご協力頂いたシニアの皆様、忙しい合間を縫ってご協力頂いたパパさん・ママさん、若いアイデアとエネルギーで、貴重な休日を返上してご協力頂いた若者のみなさん、ご協力ありがとうございました。
                             KIFA青少年委員会 スタッフ一同
 

  
     





            














                                                                                            パターン素材 Freepik