人のつながりと 街の親切さに 感動しました
 ワカタネの友だち、ありがとう!!
 
 
KIFA青少年ワカタネロングステイ
鎌ケ谷高校交換留学生派遣報告会
   6人の「若い芽」の交流記録

  多くの友だちが宝になりました――7月28日(水)に成田空港を出発、姉妹都市・ニュージーランドのワカタネで、ホームステイをしながら1カ月、トライデント高校に通い英語学習と生活体験をして、8月24日(火)に帰国した6人の高校生(石井未比呂さん・1年、小田原実夏さん・2年、小林篤史くん・2年、駒ア達也くん・1年、笹川めぐみさん・2年=交換留学生、村上千尋さん・2年)は、ホストファミリーの濃い家族関係に接し、改めて家族の絆を再認識したこと、友だち同士のフランクな付き合い方に、喜びを感じたこと、そして街も店も親切で、あいさつとコミュニケーションがうれしかったと、感動と新たな発見の1カ月を話しました。
   2010年度・KIFA青少年ワカタネロングスティ、鎌ケ谷高校交換留学生派遣報告会(青少年委員会担当)が、清水聖士市長、皆川征夫教育委員会委員長、川西八郎教育長はじめ多くの来賓、父兄、関係者が出席して8月29日(日)、まなびぃプラザで開かれました。
 主催者の茂野昭KIFA会長から、「自分を磨く貴重な体験をされたと思います。これからの人生にきっと役立つでしょう」と励ましのあいさつ。来賓を代表して清水聖士市長から「今回の体験がご自身の将来と、世界との関係に資するものとしていただきたい」と国際交流実践者としての成長に期待を寄せるメッセージを戴きました。
 6人の「若い芽」が、日本の日常とは違った異文化体験・生活をした1カ月の感動に満ちたレポートを紹介します。(基本的に原文通りですが、明らかな文字の誤用、重複は省略しました=編注) 
 まなびぃプラザで開かれた報告会    ワカタネのクラスメート
 
クラスメイトやホストファミリーの家族と友だち
 
 6人のリポートは別掲のPDFでご覧下さい。
 ◎石井未比呂さん    ◎ワカタネが好きになりました
 ◎小田原実夏さん    ◎英語に自信がつきました
 ◎小林篤史くん    ◎諦めない心を学びました
 ◎駒ア達也くん    ◎多くの友だちは女の子でした
◎笹川めぐみさん     ◎最高の友だちへ、ありがとう
 PDF訂正:最後から3行目の英語文を
 「You can come here anytime!」に訂正します。
 ◎村上千尋さん    ◎学校は自由な感じでした
 ◆ページのトップに戻る    ◆トップに戻る