鎌ヶ谷市国際交流協会

会長あいさつ

 

「この4月、大阪・ABCラジオの朝の顔が変わった。45年近く務めた道上洋三に代わり…」という朝日新聞朝刊のラジオ欄(5月4日)に載っていた記事を読み、30年も前に道上洋三さんと一緒に写った記念の写真を見ながら、これを書いている。


大阪ABCラジオのスタジオ内で撮られた写真を見ると、日付は1992年12月4日。もう30年も前のことになる。時計の針は9時7分を示している。
「おはようパーソナリティー道上洋三です」は朝6時半から9時までの生放送番組。

いま手元に、出演部分が同時録音されたカセットテープが何本もある。写真を撮った日のカセットテープには「…秋山秀一氏がゲスト。国内はもとより海外の至る所を旅して回った秋山氏が、今から間に合う年末の得な旅情報を語る」と書かれた当日の番組紹介が載った新聞記事が貼ってある。

10年ほど、時々この番組にゲスト出演して、「ローマ・レイプ事件(93年2月4日)」、「五輪決定シドニーの光と影(93年11月5日)」、「香港マカオ最新情報(95年7月7日)」、「旅を変えよう(96年7月25日)」など、海外の旅に関する色々な話をした。
出演前日の夜朝日放送の正面玄関向かいに建っていたプラザホテルに泊まり、翌朝番組に出演。放送後、番組スタッフと一緒に朝食。


どれも、楽しい思い出ばかりだ。


20年以上前にホテルは営業を終了し、とうとうこの番組も終わった。終わるものもあれば、始まるものもある。
それが、世の常。ここで、この3月から始まった鎌ケ谷に関する情報を…。


『ちいき新聞』鎌ケ谷版(週刊、市内全戸無料配布、発行部数39585部)に、「旅行作家秋山秀一さんが世界の街を歩いた思い出をつづります」と記された 《旅の記憶!》が載っている。
この3月から始まった(第2週に掲載)もので、写真も3枚載っている。

また、これと連動して、『ちいき新聞web』に、「ちいき新聞web、旅行記、秋山」で検索すると、ローテンブルク、福建土楼など世界各地の色々な写真を見ることができる(毎月第4土曜日にアップ)。
こんな時世だからこそ、今、改めて、鎌ケ谷にしっかりと根を張り、世界に目を向けていくことが求められている。そう、強く思う。

KIFAも、今まで副会長として活躍された秋元晴彦氏が会計、広報委員長に回り、竹内剛氏と秋元智絵氏が新たに副会長に就任した。活動を始めてから30年を超えた鎌ケ谷市国際交流協会(1988年創設)、今後もご期待ください。


とともに、ちょっとでもご関心のある方、ご一緒に活動して、盛り上げていきませんか。《なんか、楽しそうだな~》、《ちょっと、気になるんだけど~》。そう思いませんか。そんな人、大歓迎です。できることを、できるときに…。